2014年03月17日

3月第4週 エクソ週報

まず、こちらがもう発売になっているようです。

143171.jpg

いるようです、というのは、店頭にあるのかどうか
よくわからないので、通販で買うのがよろしいす。

こちら、本家で通販するのがいいんじゃないか、と。

で、よせばいいのにアタマのおかしいサンダー連載に
またしてもページを与えた編集長の勇断に幸あれ、な
紙面になってまして、なかなか読み応えアリ。

特にウチのページに関しては大胆かつパワフル極まりない
そして無謀で贅沢なレイアウト。俺は感動しました。
なかなか作ったものの「意気」に感じてもらえることはないんすが
今回はすげーそれを感じてます。惹句というか見出しのセンスも
サンダー節を理解してもらっており、一見の価値ありです。

また次回WFの会場でも売るかと思いますが、その頃には3号目が
出てるかもなんで、売り切れないうちに2号目、買っちゃうがいいぜ。


さて、先週はいろいろ出張りまして
ようやくソー2を上映終了寸前滑り込みで見たり、何度もやってくれて
ありがたい伊藤ヒコゾウ展に行ったり。

あと、珍しく早めにこれ見ました。

143172.png

実に丁寧かつ行き届いたリメイクで、なるほど現代で置き換えれば
こうなるな、という点で非常に面白かったっす。
爽快感とかカタルシスという点はあえて避けたようで、そのへんは
カケラもなかったですが、改造人間映画としてはかなりの上物でした。


あとは好みというか希望としてはロボコップとED209の戦いよりも

今回電撃お見舞いシーンで頑張った、ジャッキーアールヘイリーと

143173.jpg

ニールブロムカンプの無茶な注文に、けなげに頑張るシャールトコプリーの

143174.jpg

ハイテク外骨格の殺し合いを2時間半くらい見せてくれねーかな、って思いました。
フレディVSジェイソンみたいに。



ちなみに次の外骨格俳優は

トムクルーズ。

143175.jpg

この圧倒的、逃げ遅れ感。

バッテリーの残量とか気付かなそうな顔してるけど

143176.jpg


大丈夫かマジ心配。
posted by サンダーロードスタイル at 05:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

通販のご案内

ご希望の方は


こちらへ
posted by サンダーロードスタイル at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月第3週 ウーラー週報

今回はマジメ週報、ヨタ話ではないのでそちらを期待している人はスルーで。



モノを作ってると、親和性ということをよく考えます。
凄くないけど好きな造形と、凄いんだけど全然魅力を感じない造形がある。
一目見て、工芸的な手順の量を感じて感服するものの、
その手間のかけ具合が全然ピンとこないとき、なんでだろな、と思うわけです。
十分、唸るべき情報を備えているにも関わらず、いわゆる輝きを感じられないのは何ゆえ?

これは自分の造形に対しても感じる感覚であって、んー、と納得行かないで
進めているものは総じて、居心地が悪いというか、座りがよくない感じになる。
逆に、快感をともなって納得の嵐が吹き荒れ、輝いて見えることもある。

その差異、基準は一体なんなのか。
何きっかけの時に「親和性」を感じ「座りがいい」と思うのか。

という疑問に対して、ピンとくることがありまして。


ちょい前にTVで津軽塗りの説明がありました。

こういうヤツ。

1403102.JPG

見て想像がつくかと思いますが、何層ものランダムもしくは意図的に
配置してデコボコ積層した漆を研ぎだして模様を浮き上がらせたものです。

1403101.JPG

等高線トギダシとでも言いましょうか。

基本となる最初のデコボコを作るのに、

こういう道具で

1403103.JPG

目検討でポンポンと漆を点在させるわけですが
そのチラシ具合こそが職人の勘。

1403104.JPG

これ見た時、直感的に俺は唸ったわけです。
ぐわー上手い!と。

なんというか実に座りのいい配置になってる。
一目見て、これがベストなんじゃねーか、俺が挑んでも
絶対この感じは出せねーぞ、と感じるわけです。


職人いわく

1403105.JPG



そこで、そういえばと思い出したブラックホールのスペクトル分析画像

1403106.png

なるほど。


ついでに思い出した曜変天目茶碗

1403107.jpg

なるほど、なんだかどれも妙に座りがいい。
それが模様の配置か、明暗のバランスかわかんないけど
エキセントリックながら、妙に説得力を感じる。

津軽塗りみたいな柄というか、ブチブチ、ジクジクした模様は
個人的にはまったく好みじゃないんですが、抗えないもしくは
認めざるを得ないなんか「正解感」を受けてしまうのは不思議。

これこそ最初に書いた、親和性や魅力という点の分水嶺なのではないか。


寺田寅彦は「形の物理学」として
「形の同じものならば、必ず現象としても同じ法則が支配している」とし、
「形の類似を単に形式上の一致として見逃すのは、形式という言葉の
本当の意味を知らない人のすること」と続けてます。

自分らは知らず知らずのうちに、つまり本能的にこうした物理法則に
基づいたパターンを正解として求めているのかもしれないす。

つまりチューリングパターンのような普遍の物理法則
則って展開した模様だから、座りのよさ、正解感、親和性なんかを
感じてしまうのかな、と思うわけです。

もちろん美の基準がそれだっつー話じゃないすが、少なからず
心地よさのバランスを求める場合、基本的な判断はこうしたパターンの
影響下にあるのかもしれんす。親和性を感じられる場合は、
このパターンの再現もしくは影響度が高いのかもしれない。
写実であろうと創作であろうと。

だから自分で作る場合、理詰めオンリーではなく感覚的な心地よさを
もっと意識してみるのもいいんじゃねーか、と最近考えております。

筆が走るとか、ヘラが乗るとか、無意識モードで物理法則に
身をゆだねてみるようなアプローチも、ねーわけじゃねーな、と。
理屈の筋肉じゃなく燃える筋肉を盛るのが正解っつーか。


ま、自分の場合全部が全部「手ごたえ」欲しいんで、そういう
フワっとした意識になろうという事はあんまないんですが
ついつい理屈の多い自分は、TVで見た津軽塗りの漆打ちに、
そんな事を感じましたなんつー話。


ちなみに先日、
実は食うとキモチ悪くなるようになったんで、完全にもう絶縁したはずの
ミスタードーナツのリニューアルした店舗で、謎の完全復活を遂げた
カフェメニュー(コーヒーまでマジで美味しくなった)に
驚いていたところ、店員が席までやってきて

「1200円以上お買い上げになったお客様にコレをお渡しするのを
忘れました、どちらかお選びいただけますか?」

と差し出してきたのがこちら

1403108.jpg



全然考えてなかったけど、わざわざ席までもってこられたので
出し抜けにどちらかいますぐ選択することを迫られたわけです。

こうした、深く慎重な考察や検討をできない火急の事案の場合、

人は理屈を越え、本能的直感的に行動するわけで、その場合は特に
前述の物理パターンの影響などを無意識に強く受けて
判断するであろうと思われますが


し・・・



し・・・






1403109.jpg

「白いの、くだしゃい!」

と言いました。本能がそうさせた瞬間です。この時俺は自由だった。

ま、ヒゲも剃ってないおじさん客は、店員の目にこう映ったであろうという
自戒も含めたイメージ画像ですが、いずれにしてもマジで

14031010.JPG

2個ゲット。


よーし、ピクニック決定だぜー。早く終われ冬コノヤロー。
posted by サンダーロードスタイル at 00:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

3月第2週 フチゴ週報

まず、フクロクおよび雁首5の通販ページを用意しました。

ご希望の方はこちらにどうぞ。



さて

最近すっかり流行しているものと言えばコップのフチゴ。

俺もゲットしたぜ。


143031.JPG


143032.JPG


俺の可愛いJAXAキューピーに対して、このなれなれしさ。

143033.JPG

新参者にしてこのデリカシーの欠落ぶりはなかなか頼もしい。


実は先日、納品ついでに高円寺の豆魚雷まで出張ってきたんすが
最近は全然アメコミもオモチャも買わなくなり、こういう
お店ともすっかりご無沙汰。オモチャ仕事してるのに実に由々しき事態で
まさに医者の不養生を地で行くような始末。

なのでそういうショップを久々に見たいというツレアイの要望に
ホイホイと乗って初めて豆魚雷に立ち寄ったわけですが、
入ってすぐ、声をかけられびっくり。

声の主はプリノスケを買っていただいた原田プリスキン氏。
たまたま店に出てたそうで、顔の覚えが悪い俺のシナプスが
つながるまで若干の時間を要しましたが、プリプリつながりに
悪い者なし。プリプリ同士、危うく挨拶代わりに釘バットで
打ち合うとこでした。

よし、そんじゃここはひとつ景気づけに巨大なスタチューでも買うか!
と思いつつ買ったのが先ほどのコップのフチゴリラ

150円。

なに?駄菓子屋に来たんかっつー買い物だと?
バカヤロウ、猫掴んでるぞ。ダイナソーアタック思い出したぜ。

143034.JPG


なに、ダイナソーアタックを知らない?

バカヤロウ、こういうヤツだ。

143035.jpg


こう言っちゃなんですが、こういうショップにおいて
俺のような通全開のエクストリームスカルプターが訪れた場合
無難にエイリアンを買うのかプレデターを買うのか、
ちょっとマニアとしての勘が試されるところが、ないわけでもない。
少しヒネってドクターフーやラットフィンクを選んで
一味違うところを顕示するのか、それとは別に追悼の意味で
イゴンスペングラーのデカ人形を買うべきか
クリスティーンのダイキャストカーを買うべきか
「ここはセンスが問われるな」とこっそり話してたところで
任せとけとばかりに俺が選んだのは



143036.JPG

テメー、この駄菓子屋脳!

いや次回のWFで、グレイクレイとホビーホースにも渡して
3人ならんでアガアガアガとクルパー接客しようと思いましたもので
戦略的判断に基づいた選択です。ナメんな。


ところで
話は変わりますがビッグバンセオリーという海外ドラマがあります。
どーしょもない童貞オタク(ナード)ではなく、
多少使えるオタク(ギーク)を扱ったシチュエーションコメディで
アメコミとスタートレックを通過した人間なら楽しめ度がアップする
ドラマなんですが舞台となる家のポスターがこれ。

143037.jpg


で、ここ10年デスクトップだノートだと何度パソコンを乗り換えようとも

頑として同じ壁紙を使うエターナルサンダーPC壁紙は

こちら

143038.JPG

俺のSFの基準は当然、常に、そして今後もずっと
キャプテンフューチャーだ。

そんな近しいものを感じるドラマですが、若干の同族バカにされ感が微妙で
見続けるかどうかあやしいなと思ってた時、今後見続けると心に決める
エピソードがあったんすが、その1シーンがこれ

ハワードウォロウィッツの発症した

143039.jpg

ピーナッツアレルギー。思わず俺が悲鳴上げたぜ。
しかしこれが正しい特殊メイクの使い道だ。


というわけで、最後になりますが豆魚雷では

そんなステキな

1430310.JPG

ウォロウィッツ缶バッチも扱っております。

ってお前、駄菓子屋に遊び行ってきたんじゃねーかって?
バカヤロウ、もっとちゃんとした品揃えだったけど、アレおかしいな。

とにかくもうすぐ店舗が移転するそうですが、気になるヤツは高円寺にGOだ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

2月最終週 巣非練週報

まず、フクロクキットの進行状況ですが、

142241.JPG

本体は抜け終えたので、これから合間見て多少の加工をした後、
他パーツの到着を待ち、来週にはアナウンス&発送できるかな、という状況です。

未彩色ですが、もし塗ったらそのまま色紙に飾れるよう
金貼りの色紙と、後ろにネジ留めできる準備をした状態で
さらに首の可動用のジョイントとかもちゃんと入れますんで、
基本的には塗ればいいだけの状態でご用意できると思います。
キット版は色紙にこの雲と月の構成。

142242.JPG







で、

それとは別にいつか作品というか完成品として販売すべく背景も造形し、
俺の塗り用カンバスとして同時に進めているのが別バージョンの

こちら。

142243.JPG

いやー早く塗りたい。

後にもう少し余裕が出たら、いよいよ半透過版にチャレンジですが
まあそれは先だな。
このなんだかステキな黒背景版を売らねーのか、と思われそうですが、あくまでこれは
完成品用の背景であって、急いでダメシリコンで、焼かないスカルピーでこしらえたんで
気泡もすごく、いちいちいろいろ加工しないととてもじゃないけどお分けできないシロモノ。
なんで基本的には背景なしのキット版で御納得いただきたいわけです。
もともとが頒布目的ナシでの完成品アプローチにシフトしていく予定なので
そのへん完成品優遇造形はご理解願います。



さて、話かわって現在フルパワーで進行中の仕事造形。
未見の作品だったので、その1キャラを理解するために全50話見て
資料調べて、頑張ってるわけですが、毎回毎回、商業原型で引き受ける限り
そのキャラの一番のファンが納得してくれるようなモノにしたいと思っております。



それはそれとして、キャラの理解は出来ても作品の理解が出来ない場合もあり
世の中が広いのか俺の了見が狭いのか、とにかくその作品にどっぷり浸かっても
楽しく進む場合と進みづらい場合があり、今回の場合は後者。
頑張ってるけどなかなか理解不能。どこをどう捉えればいいのか考えると
ヘラが止まる。

そうなるともうあきらめて別の作品を流しながらキモチを切り替え
作業を進めるしかないわけですが現在進行中で、もう100話も流しちゃってる
別の作品が



こちら

142244.jpg

絵柄が生理的に受け付けないような気がしてたものの

このエピソードで見方が変わり

142245.jpg

現在はもう大ファンになっております。


特に、こういうのは本当に立体で再現したくなる。

142246.jpg

このデッパの具合やアゴ下の肉感を作りたいって衝動はなんなのか。
たぶん、再現することで曲面的に理解したいと思うんでしょう。
決して逃避衝動ではないと信じたい。

ちなみに玩具は全然でなかったらしく、せいぜいがハッピーミールの

142247.jpg

これくらいだったらしいす。残念。こえーし。


しかしこのリセスのおかげで、現在こんな気分で仕事してます。

142248.jpg

終わったら寂しいぜ。何流そうかなあ。
posted by サンダーロードスタイル at 02:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

週報移行のお知らせ

さて、一週間続けてきました日報も、
これにて週報へ移行の頃合ではないかと思います。

フクロクキットに関しては、シリコン届き待ちの状態ですので
まあ1週間はアナウンスできまい、と。
ですのでまた月曜更新の週報ということで続報をお待ちください。

ところで、はるか彼方海の向こうではまたしてもトイフェアを
やらかしておりますが、一度でいいから行ってみたいぜ。

今回の気になるアイテムの中でも、これはというものというと

142171.jpg

なりきりロケットラクーンマスク。

テメーどんだけアライグマに反応してんだっつー話ですが
これをかぶった子供たちが何匹も走り回るのを
俺が大きい網振り回しておいかけたい。

愛嬌少な目なんで大人がかぶると最近よく見る
理不尽キチガイホラーみたいになっちゃいそうですが
俺がかぶって、ミャーミャー言いながらゴロゴロ転がりまわるのも
ありっちゃありです。完全にねーか。

ちなみにこれがアライグマで

142171a.jpg

これがタヌキ

142171t.jpg

種はぜんぜん違うのに、偶然似てしまっただけ。
タヌキは煮て食うとものすごく臭いそうですが、
アライグマはどうなんだろう。



あと、これ欲しいすね。

142172.jpg

なりきりユーティリティベルト。

いいのが欲しかったんだ。
バックルがイマイチですが
まあそのへんは自作で納得いくところまで攻めるしかない。
小分けパックで青汁の粉とか入れといて、クリプトナイトの粉だと
誰かに飲ませたい。人に飲ませるんなら蛍光塗料の方がリアルでいいか。

にしても、なりきり商品にしか反応してねーじゃねーか、と
ガックリお嘆きの御貴兄方の為に、普通に気になるこれを

142173.jpg

142174.jpg

142175.jpg

たぶんやることはないだろうけど、すごく楽しみなゲームのロボ。
最近の乗り込み型ロボではかなり好感もてるサイズ感。
プレイアーツで出るそうですが、俺が見る限り感覚がズレすぎて
まったく男の子の興味をそそらないメーカーなんで、
そのへんガツっとゲンコツで作って欲しいす。

つーわけで、また来週。
posted by サンダーロードスタイル at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

背中が日報

ご近所総出の雪かきで、周辺エリアを完璧に除雪した本日。
我が家近辺はなかなかよいお隣さんに恵まれ実に気持ちがよく
互助精神に溢れており、たいへん素晴らしい環境です。

そんな中、ここで活躍しなければ男ではないわけですが
俺のバカときたら、先日の無駄な雪かきで当然のように
背中バキバキのすげー筋肉痛になっており、さらに返却予定の原型も
届きそうもないので、うっかり、昼寝。

その間に雪かき業務はすべて終了。またしても俺、完全役立たず。
くそー、昨日一人で暴れなきゃよかった。なにがスノーエンジェルだ。


で、バキバキと言えば、刃牙が復活することになりタイトルは刃牙道だそうで。

発表してもOKという話をいただいてるので書いちゃいますが、
ほぼ皆さんご存知のようにフィギュアーツの刃牙シリーズは
自分が全部担当させていただきました。

142161.jpg
(カマキリは俺ではありませんが)

発売は5種でしたが、作った原型は実に11種。
中でも、一番個人的な思いが反映されて、力を入れたのが克己。

成長物語としても克己のマッハ拳のエピソードは実に素晴らしいと
思ってます。のでこれは俺が作りたいとリクエストさせてもらいまして。

当時板垣先生宅には監修ごとに何度も伺い、筋肉の間違いや重心の違いについて
いろいろ直接指示をいただいてまして。
そうした業務以外の雑談も多く、マンガの中みたいな話を直に聞けるのは
造形に直接火が入るようで実に貴重な経験でした。

中でも克己の一撃に関して、花山と同じく防御を考えない渾身の
振り切り式の打撃話は印象的。細かい説明だけでなく資料も貸していただき
俺もこれ以上ないくらい考えて作りこんだつもりです。
体重移動に加えて頭部の振り子重心移動からの、腕を振り切る姿勢。
右足のねじりから前方に力を伝える押し込みと、
左足が作る、体に壁を作って力を逃さない支えの踏み込み。

苦労の甲斐あってか先生の評判も大変よく、安堵したのを覚えてます。
これが空手家の手だ、と言われてすべて報われた感があったわけです。

142162.jpg

自分の原型稼業の中でももっとも素晴らしい体験のひとつで
おかげで何か階段を1段上がれた気がしましたね。

しかしまあ諸事情により、シリーズは停止してるわけですが、
連載再開きっかけでどうにか復活してくれないかと思ったり。

最近こそわりと順調に仕事が商品化されてますが、作った原型の半分は
お蔵入りになるっつーのがイメージなので、しょうがないんすけど
この手なんかさらに化け物っぽく、という指示で作り直したんで

142163.JPG

なんとか日の目を見て欲しいす。

背中のバキバキをかばって妙な姿勢をとると、ギックリ腰になりそうで
スーパー怖いので、安静にしながら思い出すステキなバキの思い出でした。
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

妖精日報

雪、すげーすが
現在シメキリに追われてないので、ドガっと、雪かく。

本来こういう仕事こそ男の仕事。
馬のウンコを片付けたりするのが大好きな俺にはピッタリの野良仕事と言えます。

ちなみに先日は庭の木を切ろうとしてうっかりネコのウンコを踏んづけたのに
それに気付かず、なんか妙にクソくせえなと思いながら踏ん張ってギコギコと
やらかし、その結果ネコグソスタンプを庭中に押しまくり、サンダルクソだらけ、
庭はネコグソ臭でいっぱいという手痛い敗北を喫したわけですが、
雪かきではもう失敗のしようがないわけで、俺に任せとけとばかりに大暴れ。

どうよ!と思ったものの1時間後にかいた部分はまるまる埋まっており、まったく甲斐なし。
汗びっしょりになるまで暴れまわったのに。

でもすげーフカフカだったので、誰も見てないのを幸いに



スノーエンジェルをお見舞いしてやる。

142151.jpg

これもすぐ埋まってました。ちぇ。



で、この形で思い出しましたが
最近割と便利に使ってるツールがこれ。

142152.jpg

142153.jpg

ほぼスカルピーファームオンリーになった自分には
セラカンナとこれは大変便利なツールです。オススメ。
今回もなかなかに威力を発揮してくれ、実戦投入済みの保証済み。
WF直前まで悶絶してた仕事では、ほぼメインウェポンとしてご活躍。
きちんとファームが焼けてるというのが大前提ですが、使えてます。

で、雪に話は戻りますが、夜中3時の段階で、
ドアが開かないくらい雪が積もっているわけです。

そうなると閉じ込められて篭城戦というか、消耗戦に入らざるを得ないわけですが
そんな皆さんに参考にしていただきたい話と言えば

142154.jpg

日野日出志の傑作。蔵六の奇病に収録されているんで、ぜひどうぞ。

なに?どんな話か?

雪で閉じ込められた兄弟が、デカイ兄貴の凍った死体を
お兄ちゃんありがとう、と食料にして生き残る感動巨編です。いや短編です。
いやー篭城、楽しみだな、と書いているうちに、外はもう雨に変わり始めたようで
ちょっと残念。
posted by サンダーロードスタイル at 03:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

オススメ日報

そういや先日、

これ欲しさにホビーショップに行ってみると

142151.jpg

全然なし。

おかしいので店員さんに尋ねてみたら発売して3時間で売れちゃったとのこと。

おおーマジすか、ありがとうございますと、つい言ってしまうも
???という顔をされる。タリメーです。

店頭には等身大の艦長ポップも置いてあり、気恥ずかしい限りですが

142152.jpg

もう発売されてるそうなので、こちらも買うといいぜ。


さらに、何がどうっつーわけでもないですが
こんなカッコいいのが発表されてまして

142153.jpg

予約が始まったらしいから、これもみんな予約するといいぜ。


先日のポールバニヤンとポーズが一緒に見えるのは本当の偶然です。
posted by サンダーロードスタイル at 01:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

房州遠征日報

朝5時40分に出発し、現地に到着したのは9時50分。

高速バスだけで2時間以上乗らされるとわかっていたので
ポータブルDVDを持って行き、まだ見てなかったこれを流しつつ

142141.jpg

鴨川目指して走るバスですが、気付けばものすごい山の中で

142142.JPG

ゆれるゆれる、画面の中ではポールバニヤンがドスンドスンと
主人公らを追い掛け回すのとリンクするように、
雪で荒れた工事中道路をバスまでドスンドスンと揺れまくり、
おおー!臨場感!とドルビーサラウンド52チャンネルな勢いで、
お楽しむ。

で、出発から実に4時間半。ようやく到着した鴨川郷土博物館で
見てきましたぜ、波の伊八。じっくり学ぶ。実にじっくり学ぶ。
いやー、上手い。予想の数段上のテクが炸裂しており、しかも写真だと
全然わからない構成があったりして、わざわざ見に行った甲斐がありました。
なるほどな。そういうことだったんだな。よーし、理解した。
これで少し迷ってた次の仕掛けの方向性が決まったぜ。


で、また泣きながら4時間半かけて帰ってきたわけですが
お帰りの上映はこちら。

142143.jpg

なかなかクダラネー、巨大蜘蛛ムービーでした。

そんで帰りにちょっと東京駅のキャラクターストリートに寄ったら


これが暴れまわってまして。

142144.jpg

参考動画はこちら。




何が衝撃って、声が本物の雅子様。

本物の声で、ミャーミャーブギャギャギャと鳴く。

ピカチュウ電卓、ウーザフォンに続く、本物ボイスの最高商品。
単純な仕掛けなものの、そのゴネっぷりたるや狂気たっぷりで
想像を超える回転雅子。

ちょうど先日、TVでラスカル流れてて、スターリングんチは
クソばっかでどうしょもねえな、とかボロクソ言ってましたが
一撃一目ぼれでご購入。やー、マジですげー破壊力だな雅子様。
買うしかねっつーんでしょ。
こうなったら泣きながらダダこねてゴロゴロ回転する
ヒロシも出してくれねーかな。

結局、伊八の彫刻が吹き飛んじゃったっつー話でした。
posted by サンダーロードスタイル at 23:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。