2014年06月02日

6月第2週 ゴーアウェイ週報

先週欲しいと書いたオモチャに、これがありました。

14625.jpg

実はこれ、自分が特殊メイクで関わった最後の作品で、
何段階かの変身シーンの製作と操演を少しだけ手伝いました。

14626.jpg

当時でも仮面ライダーに関われるなんてスゲー興奮モノで
今日は石森御大デザインのFAXが送られてくるなんつー日には
みんなして待ったもんです。

当時はSFX全盛期。すげーの期待してたらいつもの石森殴り書きデザインが
送られてきて全員後ろに倒れたわけですが、今思えばそれですら
贅沢すぎる思い出ですけどね。

ただ期待にはやる若者には、少々物足りなかったのも事実で
もっとクリーチャー度全開の改造バッタ人間の変身を見たかったんすよね。

そんな頃になんとなくみんながボンヤリと思い描いていた
改造バッタ人間に、出会ったような気がしたのが前述のオモチャ、
腕4本の改造兵士レベル3。腹に生まれた気門から呼吸して
歯はカチカチしか鳴らせないバッタ人間が大暴れするのを、見たかったんだ
なんつーホロ苦い思い出がよみがえるノスタルジック商品だったわけです。

しかし簡単に変身っつーけど、当時はみんなずいぶん真剣に考えたんですぜ。

さて変身と言えば

先日、白菜を洗ったシンクから逃げ出そうとする1cmにも満たない
芋虫ヤロウの芋彦と出会いまして。

14621.jpg

なかなかの生存本能じゃねーか。このまま流して殺すには惜しいガッツだ、と

小瓶に入れて、白菜のきれっぱしを入れておいたらモグモグと元気よく食う芋彦。

しかし翌日、凄い勢いでこれをこしらえ始めたわけです。

14622.JPG

サナ彦に出世する気マンマンの芋彦。尻だけ網から出してプリプリとウンコもする。


するとその翌日には、みるみる色が抜けて行き

14623.JPG

黒目も浮き出て完全なるサナ彦に。これは近いうちに、蝶太郎になるか、蛾次郎になるか
少し期待がふくらむぜと思ったんですが、最近はCTスキャンの技術で
完全変態中のサナギの中を撮影できたりするんですね。

14624.jpg

器官が生まれ、消え、驚くべき変貌を遂げる内部と外部。
いわゆる「変身」って気軽に言ってるけど、これくらい凄いことなわけで
1cm以下のサナ彦の中でもこんな凄い変態プログラムが実行中かと思うと
なかなか胸に来るもんがあるわけです。

さあ、サナ彦よ、思いっきり変身しろ。

お前がどんなものに生まれ変わるのか俺は楽しみだぞ。

実は楽しみすぎて、腹の足の数とか形状を調べて、お前がどんな姿に
生まれ変わるか俺は知ってしまっている。

お前の正体は




14627.jpg

コナガ、だ。

なんつーか・・・・まあ、少し言いづらいけど正直な話

ちょっとガッカリしてなくもないっつーか、いや、

お前の生命力に敬意は払うけど、イマイチしょぼいと言うか、

いや、いいんだ。元気に羽化して欲しいし、ほんとそう思うけど

ずいぶんまたケチ臭い虫だったっつーか・・・ま、いいや。元気に飛んでけ。
posted by サンダーロードスタイル at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。