2014年06月30日

6月最終週 チャント週報




リアルにこの光景を見られる場所が今、東京に存在する。

と言い切って過言でないことを、先日体験してきました。



念願かなってついに行けた、ここ。

146301.jpg

多少なりとも、なんか作ってる人は必ず見たほうがいい展で

漆芸、七宝、刺繍、牙彫、木彫、金工など、まーいろいろある。

小さいものだとわかりづらいので、ここを覗く人向けに選ぶならやはり
自在物。

146303a.jpg
(フル可動メタル鯉。可動にあわせたフォルムはもちろん、目も可愛い)

146303.jpg
(フル可動象牙海老。彩色はもちろん、金属以外もこんなに楽しそう)

とか。

会場には精緻な技術には興味がないであろうが、キラキラしたものには
ついつい引き寄せられる口を開けたままのバーサマの群れが渦巻き
阿鼻叫喚の婆池地獄と化していることを御報告しておきます。



めったにみられない稀少かつ超スゲー細工を鑑賞しようとしている目の前に
自分の病気や近所についてトクトクと語る老婦人がドスンと占拠してたとしても、
「テメーこのクソババアそういうくだらねえ話は家けえってやれバカ!」
などと口が裂けても言えない。しかし言いたい。
のを我慢する無駄な努力なんぞに、今は少しでも脳の領域を割きたくないんだ
集中して工芸品を見たいんだ!と願う俺の向上心とは裏腹に、
湧き上がる心の罵詈雑言。噴出すること泉の如し。ババアの無駄話は火の如し。

もうこんな感じ。

146302.jpg

他にも流行のモノキュラー、すなわち単眼鏡を使いたいのはわかるが、どうしても
ピントが合わないみたいで、展示物から離れたりして調整してんすが
近づいてみるのに必要なのは天眼鏡であって、お前に必要なのは老眼鏡!
使い方がわかんないなら単眼鏡なんか買うな。もう鬱陶しい!5m後ろに行け!

なんつーババ話はともかくとして

最近の明治の工芸、芸術方面の情報は、ほとんど京都の
清水三年坂美術館発信と言っても過言じゃないと思うんですが
今回の展覧会はそこの館長のコレクションの公開とも言えるもので
京都行かなきゃ見られなかったかもな、驚異の逸品の数々をまとめて見られる
ナイスな機会。実に素晴らしい。

しかしなんでその三年坂美術館はこういう工芸品をこれほどまでに集められてるのか
巨大なバックがついているにしても、ちょっとセンスが良すぎるというか
個人的な判断、もはや数寄レベルの個人チョイスが反映されているような
印象を抱いてたんですが今回その謎が明らかに。


村田製作所の創立者のジッシである現館長が、20年前に海外で、
日本の工芸品と出会ってから、流出したものを買い集め始めたそうで
いわく
「集めるうちに気がついたことは、幕末・明治の美術品の名品は
ほとんどが海外に流出していて、日本国内には残っていないし、
それらを本格的に展示している美術館も国内には存在していないということ」

で美術館設立に動き始めたそうです。もともと村田製作所は京都の
陶磁器スタートらしく、地元で、独自の文化保護という点でも
ビンゴな判断だったようで。

146304.jpg

どうしても芸術方面から比べると、無名の職人が作った工芸品は
格下扱いされます。が、たとえばもともとたいしてありもしない知恵を、
さしてめぐらせもせず、気分ひとつでパパーっと描き散らかした屁みたいなゲージュツと
商品としての要求クリアから技術、工夫、根気、矜持を提示しつつ
サバイバルしてきたプロフェッショナルの日銭仕事は比べるべくもないと
思うんすが、実力よりも肩書きの方がイモ連中には理解しやすいわけですから
しょうがないとしても、工芸品にはそういう軽視される側面があるわけで。

そうした技術や力量を的確にとらえる目は数寄に通じる研鑽を重ねた
「面白がる目」だと思うわけですが、このへんをいい意味で偏見がなく、
それでいて独自の美学を備えた「兄貴」肌な人物が、イカした判断でカッコいいモノや
見方を提示して牽引してくれるのが、文化の発展には不可欠だと思うわけです。
そのジャンルのトップランナーみたいな存在が。

つーわけで、最近こうして幕末明治の工芸に我々が気軽に触れられるように
なったのは、村田製作所のジッシのお陰だと俺は思ってまして、心の中で
ジッシ!と手を合わせて感謝しております。


そして

話は変わりますが、先日 豆魚雷にてこれが発表されました。

豆魚雷のAmazing Artist Collection
(アメージング・アーティスト・コレクション/略称・AAC)

この今後のラインナップに、自分も名前を載せてもらってますが
ええ、やる気でございます。

すぐにどうこうはちょっと難しいですが、実は昨年末から気持ちは
固まっており、もともとこちらから参加表明をしたがってたところ
声をかけていただいて、決心したという次第。


先に書いた、研鑽を重ねた「面白がる目」、偏見がなくそれでいて独自の美学を
備えた「兄貴」肌な人物が、イカした判断でカッコいいモノや見方を提示して
牽引してくれるのが、文化の発展には不可欠、というくだりが
まんま行われているといえます。


で、ようやく

話は冒頭に戻りますが、
明治工芸展の会場ではあまりにコマケー細工の数々に、没入したバーサマ達が、
ついつい近づいてしまって展示のガラスにアタマをゴン!
と強打する音が数分置き、そこらじゅうで響いてんですね。

ガラスがデコアブラだらけでそれもウンザリでしたが、館員の方はたびたび
突っ込んできて拭いてたんで、ただただ追いつかないんだろうな。
ご苦労様でございます。

つーわけでどうしても会場でババアがうるさくて集中できない方は、
ホーリーグレイルのモンクチャントを詠唱しながら回るといいと思いますっつー、
俺からのナイスアドバイスだ。少し楽しくなると思うぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

6月第5週 フィールグッド週報

チマタはサッカーだアナと雪だとピーチクパーチクまるで
脳が2gの小鳥のようにさえずりまくっておりますが
いやもうなんつーか、全然いいと思うぜ。

昔、大晦日にファミレスでバイトしてた時、明けて終わったら
一緒に働いてた若いバイト君が笑顔で「紅白、どっち勝ちましたかね?」と
俺に聞いてきたことがあったんですが、瞬間、俺は普通に大爆笑してしまい、
紅白の勝ち負けを気にする人を初めて見た、と言っちゃったわけです。

その時の彼の寂しそうな顔・・・

俺はその悲しい表情を見た時、他人サマの趣味趣向に口を出す
クソ以下のテメーのデリカシーのなさを呪いましたぜ。
それを笑ったクズヤローが背負うべき十字架の重さ、今でも感じておりやす。
以来、俺は一生、誰も傷つけないと誓ったのでした。

もし俺が他人様の趣味を笑ってるのを見た時は、穴川ションジーばりの
44浣腸をお見舞いしていただいて結構です。いいぜ、殺してくれ。


つーわけで皆様ご期待のアナと雪の女王を見てきました。
じゃなかった、俺が行ったのは




アブラと拳の破壊王



146231.jpg

千葉真一映画祭り。

の、脱走遊戯。

146232.jpg

最初の写真よりずっと普通に見えるけど、
普通はこのサスペンダーを着こなせないんだからな。



14時40分の開映で、劇場に到着したのは14時25分。
小便してから、前映画の上映終わりを待つ。ポスターもカッコいいし。

146233.jpg

で、待合でチラシなんかを見ながら、お、ホドロフスキーのデューンのやるのか。
うわーちょっと見てーな。資料集とか出してくれねーかな、
なんてぼんやり数枚のチラシを読みふけるも、誰も出てこない。
いつまでも誰もいない待合スペースに俺だけが座ってる。シュール。

おっかしいな。もう35分だぞ。とドアに近づくと、軽快な音楽とチバちゃんの声。


あれ?上映時間は???なに14時20分開始だと!?

ドア開けたら、もう汐路章が



146234.jpg

手錠でクビを締められ殺されてる途中じゃないすか。

でもまあ、多少遅れて入るくらいが東映プログラム臭くていいや、と
ポジティブに感じつつ、暗闇に目が慣れて席につく頃には、さっき
汐路章を殺してたチバちゃんが両手足を縛られ錨をつけられ東京湾で殺され中。
展開はえーな。じゃ冒頭15分で何があったのか、気になってしょうがねえぞ。

しかし劇中後半、そんな失われた15分より、はるかに気になる事態が。


ヒロインの鰐淵晴子がチバちゃんの腕の中で死ぬシーンがあるわけです。

死ぬのは全然いいんすが、チバ好きの我々は、ある種の病気というか
「ゴイチフォビア」という症状に苦しんでおります。


大事なキャラクターがチバちゃんの腕の中で絶命する場合、
チバちゃんが“また”これをやらかすんではないかという恐怖で
映画に集中できなくなるっつー症状がゴイチフォビア。



146235.gif

頼むから死んでる人にそんなことしないで、な山田吾一絶命シーン。


だから鰐淵晴子を抱えたとき、チバちゃんがいつ女優の鼻の穴に指を突っ込むか
気が気じゃなくってスリリング、もー集中できない。重要シーン台無し。

幸い、大女優の鼻バージンは守られて、普通に死亡。

146236.jpg 「無事だわよ」

こんないらねー心配させる俳優は、あまりいねーす。


ちなみに同様の症状に「ヤマシロフォビア」があり、新伍ヤマシロが
劇中に登場した場合、ハヒーと映画の邪魔をしてくる恐怖で、内容に
集中できなくなるという症例も確認されております。

146237.jpg

こういう楽しそうな顔が出来る大人になりてーもんです。



で、その渋谷に出張ったついでに、これを発見。


146238.jpg

ずっと欲しかった月の立体物。


なんでかっつーと


146239.JPG

ルノホートを置きたい場所が欲しかったですねー。
ちっと小さいですが、球形はあんま見かけないし。



なんせ我が家のルノ軍団は去年のこの状態のまんま。

邪魔臭くてしょーがない。


しかし今回の月は、ライトアップ機能まであり、これこの通り。

1462310.JPG

なかなか可愛い星の王子様だぜ。

少しスミ入れて、表面に色乗せて、宇宙と合成したらば


1462311.jpg

いやー、ちょっと永遠が垣間見えちゃって、セツねーな。

やっぱ仲間と一緒に置いといてやるか。
posted by サンダーロードスタイル at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

6月第4週 イエローストーン週報

バタついてた案件もどうにかおさまるところにおさまってきて
後はもう手を動かすのみになってまいりました。

ただ優先順位の中、捨てるんだったらコレって中で
WFは完全に捨て選択に組み込まれました。
もう今年はチョコバナナを売るテキ屋に徹する予定。

その代わり、俺の中でWF以上にWFな、一人WFが始まり
孤独な戦いを開始しております。残念ながら発表は未定。
言いてえなー。言えないけど。

そしてWF以上にスリリングな別の戦いも開始しており
これまた発表は未定。言いてえなー。言えないけど。

しかし言いたいけど言えないことばかりの世の中でいいのか。
守らなければならない神妙な秘密が渦巻く世界で
それを平気で言ってしまうのが俺のいいところです。
隠すほどのキンタマかっつー話。


ディズニーアトラクション映画の中で
パイレーツオブカリビアン、ホーンテッドマンション、
カントリーベアジャンボリーのうち、俺が一番好きなのは
カントリーベア。あれは素晴らしくヒドイ。

その後にヨギベアの実写映画化を聞いた時、俺の胸はときめきましたぜ。
またカントリーベアみたいなのが見られるのか、と。

しかし出てきたのはCG熊。

146161.jpg

ガッカリだ。

違うんだよ、俺たちはこういうカントリーベアみたいなのが
見てえんだ。

146162.jpg

どうして作っちゃうんだよCGで。
実写映画に可愛いクマなんか誰も望んでねーに決まってるだろ。
ハッキリ言えば、俺らはみんなあのクマにもういちど会いたくて、
クマ映画見てんだ。


あのクマってのはもちろん

「プロフェシー恐怖の予言」の

146163.jpg



水銀汚染ミュータント熊だ。

146164.jpg

それも知らねえで映画でクマ使うんじゃねーぜ。

なんつーアタマのおかしい映画ファンの気持ちを知ってか知らずか
はたまたテッドがバカ当たりしたからか、

ついにクマ界の雄、パディントンも実写映画化。

146165.jpg

コノヤロウ、可愛コぶりやがって。
どうせステキなヌイグルミムービーに決まってるな。

と思ったら、

最近見た中でもぶっちぎりでゲヒン極まりないトレーラーだった。




神経疑うぜ。つーかよく知らないけど、パディントンってこんなだったの?


つーわけで、やっと話が戻りますが

俺が今教えられる秘密、それは今さんざか悪口を書いた


146166.jpg

実写撮影用の首と



パディントンの






中身だ。

146167.jpg


ゼッテー子供にはナイショだぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 05:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

6月第3週 C.H.A.P週報

去年は人生でもっとも厳しい夏が来ると思ってましたが
バカオメー、去年なんか全然ラクショーだったじゃん、と
思うであろう夏が来そうで、戦慄中の今


15年も前の、可塑剤でベタベタなこれを買う


14691.JPG

300円。


なんで今ビリーバットソンを、とお思いでしょうが、

コレをこしらえたいのです。

14692.JPG

俺だっていつかは杉浦造形やりたい。

もちろんそれが2万%、今じゃねーってのはわかってます。はい。
でもま、一応ね。


先週は1日おきに外出し、あまりの面倒臭さに発狂寸前で
今週もそんな感じになりそうですでに気が重いんすが、
外出のいい点は、フリスク食って音楽聴けること。あと読書できる。
意外とこれらは自宅作業だと出来ない。ガム噛んで映像流しちゃうからな。

で、読書方面っつーと最近は、幕末史への興味がちょいちょいと加熱してきて
会津関係の本を読んでるわけですが、先日、お気に入りのスカジャンの
染み抜きとリペアを熟考の結果、会津のクリーニング屋さんにお願いする。

14692b.jpg

チョー風合いが戻ったなっす。さすがの腕前なんしょ。

服に関しては、すっかり自分のマークがついているのが一番という
病的趣味に囚われてる中、ちょっと捨てがたいこのシルクサテンのスカジャン。
ベトナム戦争時のビンテージらしいすが、ジッパーも全バカになっちゃって
困ってたんですが、無事復活。もうすり切れるまで着ちゃうもんね。



で、外出ついでに念願のインサイドルーウィンデイビスを見るものの

14693.jpg

想像とは違うベクトルでヘビー過ぎてちょっと凹む。
オリジナルをなんかやろうとしている人は、あんま見ない方がいい気がする。
傷口に塩を擦り込まれます。

加えて鑑賞後の弊害のひとつとしてヒロインのキャリーマリガンが
誰かに似てるような気がしてたんですが、本日、電車乗って判明

14694.jpg

トリンドルだ。しかも劇中、この女優が主人公に向けて
このクソ野郎とかこのクズがとか、コンドームを2枚重ねにしときゃよかったとか、
すげー勢いで怒るおっかねー罵詈雑言のセリフの数々が、
トリンドルポスターを見る度に脳内で再生され、なんだかミュゼプラチナムクソ野郎
としか思えなくなりました。生物学で言うところのインプリンティングか(違います)。


ま、そういうわけでバタバタする数ヶ月が襲ってくるかと思うと
さしものワタクシも若干の恐怖と緊張を感じなくはないわけですが

そういう時はさ、

学べばいいんだぜ。ヒーローから。

常識を覆し、不可能を可能ならしめたヒーローの姿を見よ!

14695.JPG


その姿を見てパワーをわけてもらおうじゃねーか。




少し顔が濡れただけで力が出なくなるっつーのに、この溺れぶりは、どうだ。

これほどの自虐にして、不滅のアピール。ほとんどパラダイムシフト。

あんまり雄々しい姿に感銘を受けたので




イモムシを食わしてみる。

14696.JPG

クワガタの幼虫は少ないらしいな。一番いいヤツを渋りやがって海洋堂め。
だから大嫌いだぜ。第3弾でおカイコ様を出さなかったらもう買わない。フバイだ。

しかし、どんだけ毎回虫が出てくるんだこの週報は、っつーことで股来襲。
posted by サンダーロードスタイル at 21:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

6月第2週 ゴーアウェイ週報

先週欲しいと書いたオモチャに、これがありました。

14625.jpg

実はこれ、自分が特殊メイクで関わった最後の作品で、
何段階かの変身シーンの製作と操演を少しだけ手伝いました。

14626.jpg

当時でも仮面ライダーに関われるなんてスゲー興奮モノで
今日は石森御大デザインのFAXが送られてくるなんつー日には
みんなして待ったもんです。

当時はSFX全盛期。すげーの期待してたらいつもの石森殴り書きデザインが
送られてきて全員後ろに倒れたわけですが、今思えばそれですら
贅沢すぎる思い出ですけどね。

ただ期待にはやる若者には、少々物足りなかったのも事実で
もっとクリーチャー度全開の改造バッタ人間の変身を見たかったんすよね。

そんな頃になんとなくみんながボンヤリと思い描いていた
改造バッタ人間に、出会ったような気がしたのが前述のオモチャ、
腕4本の改造兵士レベル3。腹に生まれた気門から呼吸して
歯はカチカチしか鳴らせないバッタ人間が大暴れするのを、見たかったんだ
なんつーホロ苦い思い出がよみがえるノスタルジック商品だったわけです。

しかし簡単に変身っつーけど、当時はみんなずいぶん真剣に考えたんですぜ。

さて変身と言えば

先日、白菜を洗ったシンクから逃げ出そうとする1cmにも満たない
芋虫ヤロウの芋彦と出会いまして。

14621.jpg

なかなかの生存本能じゃねーか。このまま流して殺すには惜しいガッツだ、と

小瓶に入れて、白菜のきれっぱしを入れておいたらモグモグと元気よく食う芋彦。

しかし翌日、凄い勢いでこれをこしらえ始めたわけです。

14622.JPG

サナ彦に出世する気マンマンの芋彦。尻だけ網から出してプリプリとウンコもする。


するとその翌日には、みるみる色が抜けて行き

14623.JPG

黒目も浮き出て完全なるサナ彦に。これは近いうちに、蝶太郎になるか、蛾次郎になるか
少し期待がふくらむぜと思ったんですが、最近はCTスキャンの技術で
完全変態中のサナギの中を撮影できたりするんですね。

14624.jpg

器官が生まれ、消え、驚くべき変貌を遂げる内部と外部。
いわゆる「変身」って気軽に言ってるけど、これくらい凄いことなわけで
1cm以下のサナ彦の中でもこんな凄い変態プログラムが実行中かと思うと
なかなか胸に来るもんがあるわけです。

さあ、サナ彦よ、思いっきり変身しろ。

お前がどんなものに生まれ変わるのか俺は楽しみだぞ。

実は楽しみすぎて、腹の足の数とか形状を調べて、お前がどんな姿に
生まれ変わるか俺は知ってしまっている。

お前の正体は




14627.jpg

コナガ、だ。

なんつーか・・・・まあ、少し言いづらいけど正直な話

ちょっとガッカリしてなくもないっつーか、いや、

お前の生命力に敬意は払うけど、イマイチしょぼいと言うか、

いや、いいんだ。元気に羽化して欲しいし、ほんとそう思うけど

ずいぶんまたケチ臭い虫だったっつーか・・・ま、いいや。元気に飛んでけ。
posted by サンダーロードスタイル at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。