2013年11月25日

11月最終週 コクチ週報

いろいろ出揃ってきたので、少し宣伝しておくと
先日発売のフィギュア王にて、やっとこ造形王の原型写真が掲載されてます。


地獄日報を読みたがるような人はあんましワンピースの人形とか
興味が出ないかもしれないですが、バカヤロウ、俺がどんだけマジメに
作ったと思ってんだ。他の作品含め、8体中6体はスカルピー原型だったと思うんで、
キャラを知らなくてもスカ造形に興味がある人だったら見て損はないっつーの。

あとは公式HPで明日あたりからPVが流れるはず。
出張スカ王国的な作業風景もちっと入ってます。興味のある方はどうぞお楽しみに。

それにしてもその公式での俺の写真。
イケメン原型師と対戦する、サトイモおじさんみたいな
悲しみの姿にガックシ。おかしいな。
俺の俺イメージとだいぶ違うイモっぷりが爆発してるじゃねーか。


そうは言ってもこういうイメージで生きてたのに

1311251.jpg




実際にはこんな感じだった

1311252.jpg

ひどい。悲しいったらねーす。




シミュレーションではこういう感じだったのに

1311253.jpg



フタを開けてみればこんな感じっつーか

1311254.jpg


心の中ではこういうつもりだったのに

1311255.JPG




体の外は、つもりもクソもないっつーか

1311256.jpg



常にこういうイメージしてるけど

1311257.jpg





やっぱり現実はこんな感じだったっつーか

1311258.jpg


いいよ別に。

薄々感じてなかったわけでもないぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 04:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

11月第4週 立体的週報

先日ちょっと衝撃的なシロモノを購入。

アメージングカードというヤツで、なにかっつーと

筒状のレンズ付カードを開くと、中の絵が立体的に見えるっつー単純なもの。

1311181.jpg

しかしこれは、ビューワーマスター以来の3D体験!


なに?ビューワーマスターを知らない?

いったいガキの頃ナニ覗いてたんだ。隣の風呂屋か。



これが3Dビューワーマスターだ。

1311182.jpg

なに?俺がこれで何を見てたか?



これだ

1311183.jpg

ちなみにETはもういない。

つーわけでET以来、衝撃の3D体験。



種類が豊富でこんな感じで、有名な絵画を覗きこめる。

1311184.jpg

覗き込むというより、入り込むってのが感覚的に近い。

で、いろいろ覗いてみた結果、これを購入。1枚500円。

1311185.jpg

ゴッホの夜のカフェテラス。

やっと友達になってくれたゴーギャンが、住んでる田舎になかなか来てくれず
夜の街で、彼が来たらこんな話をしようあんな話をしようと胸を躍らせつつ、
カフェなんて人間を堕落させる場所だと意地を張ってたゴッホが憧れを隠して
描いたこの夜のカフェテラス。ゴーギャンに凄い自信作を見せちゃうぞ、と張り切って
仕上げ、部屋まで飾り立てて準備して作品増やして待ってたにも関わらず
到来からたった2ヶ月でゴーギャンは帰ってしまうわけで
追い込まれたゴッホは自分の耳を切って人に届けちゃったりしてマジ悲劇。

俺は基本的にゴッホの絵は全然好きじゃないんすが
この絵に関してはなんか気弱で人恋しい売れない画家が数少ない理解者の
到来の待つ不思議なウキウキ感が伝わってくるみたいで、けっこう好き。

1311186.jpg

ちなみにこの絵を3Dで覗きながらプレッツェルを食ってみましたが
なかなかのカフェ臨場感。おおー、これは他の絵も買ってみるしかねえ。
トマトジュース飲みながらボッシュやブリューゲルを見たらどんな味がするんだ。
さぞ世紀末的なショッペー血の池地獄感が味わえるに違いない。

で、書く前からわかってましたが、このカードの凄さっつーか良さは、
実際に覗いてみないとわからないんすなー。
単純だけど、かなりレベルの高い3D体験が出来ます。
実物があったら是非覗いてみて欲しいす。オランダ製。
技術的な点だと印刷物の驚異的な解像度の高さゆえ、かな。

で、なんでこのカードに出会ったかというと、横浜市美術館に行ってきたから。
日本での正規取り扱い店は、渋谷のブンカムラや国立新美術館や
横浜市美術館とかだそうでたまたまゴッソリ置いてあったわけです。
けどたぶん大きいミュージアムショップには置いてありそうすね。


そもそも何を見に横浜まで出張ったかというと横山大観展。
横山大観自体はゴッホ同様、あんまし興味の出ない作風だと思ってたんですが、
岡倉天心ルートをたどるとどうしても浮上。気になったので行ってきました、
しかしやっぱりマイハートにこれっぽっちも響かず。やー残念。

と思ったら!

これがあった。

1311188.jpg

平櫛田中作、岡倉天心像(部分)、金箔なしのカッコいいブロンズ版。

実は本物見るの初めて。マジで凄いなとしばらく惚れ惚れ。
会場ではちょうどライティングもよく、彫刻そのものへの影の落ち方が
素晴らしく、唸って見入ってしまう。カンドーです。
デンチューが造形王にエントリーしてなくてよかったぜ。絶対まだ勝てん。


そういや、原宿でやってる笑う浮世絵展の後期展示も行ってきましたが

マーベルユニバースで言うところの

ハルクがアイアンマンをぶっとばすかの如く

1311189.jpg



御年始の挨拶で大黒様のアタマに

フクロクジュが一撃くれてました。

13111810.JPG

激発する凶悪犯罪。
しかもそれは強力な頭部によってエスカレートの一途を辿る!

仲間内に襲いかかる、突然の暴力。恐るべし、未必の故意。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

11月第3週 オンゴロ週報

さて、今後期待する改造人間ムービーといえば

キャップ2の前に、まずロボコップのリメイクが来ますな。
先日も第2弾トレイラーが公開されてました。

リメイクと言っても、スーパー楽しそうだったTVアニメ
「ロボコップ:アルファコマンドー」のリメイクではなく

1311111.jpg

1311112.jpg



マジメな無印のリメイク。

1311113.jpg

ちぇ、普通かよ。

でも劇中で溢れる量産型の警備ドローン、モブコップなんか
ぜひオモチャにしていただきたい。

1311114.jpg



で、いろいろ情報が出てきてますが、予告などを見る限り、
ファンが一番気になるポイントは



ニョボコップことマーフィーの女房のリニューアルぶり。

ここ重要。


1311115.jpg

これが


こう

1311116.jpg

なにー?




1311117.jpg

これが


こう

1311118.jpg

なかなかのニョボ数値上昇率。
この数値によっては、まあいっか、で済むか、冗談じゃねえぞ!となるか
改造された怒りの意味が変わってくるから重要す。


ニョボコップが未亡人扱いになった場合、ゴケコップに改造して
シグナルマンとシグエみたいにメオトコップで夫婦生活が
プライムディレクティブっつー方が新鮮と思うが、どうか。

1311119.jpg



なんつー毎度のクルパー洋モノ話とは逆に、

我が家はまたしても和風というか和嵐が吹き荒れ中。


というのもだ


ついに、これが届いたのです。

13111110.JPG


平田弘史日本漫画家協会賞・文部科学大臣賞受賞記念で販売された
薩摩義士伝のポスター。



B2だ。デカいので仮置き。

13111111.JPG

くーカッコいい。これこそ仕事場に飾るに足る、燃える絵ナリ。

ちなみに限定100枚らしいけど、ナンバリングは11だった。

って、この絵を欲しがるヤツが11人しかいないっつーのはどういうことだ!
そりゃ俺のキットも売れないわけだ。このバカものどもが。

いや、平田画力をもってしてなかなか切り開けない男ホライズン。
俺ごときがそう易々と切り開けるわけもなしだな。
毎日この棺桶から薫陶を受けつつ精進するしかないです。

ちなみにまんがつながりですが、今週末より

13111112.jpg

東京でも諸星大二郎展やるそうです。

いやー、よかった。


どれくらい楽しみかっつーと

これくらい。

13111113.jpg

ハフッ
posted by サンダーロードスタイル at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

11月第2週 妖怪週報

先週末11月1日から3日にかけての気になるイベントと言えば

コミカゼ。場所はLAコンベンションセンター。


平たく言うとスタンのオヤジで遊ぼう会

1311041.jpg

1311042.jpg

1311043.jpg

1311044.jpg

いいなー、俺もオヤジと遊びたいなー。


で、なんと今年会場で限定発売されたのが

この


1311045.jpg

1311046.jpg

1311047.jpg

「スタンドール(一応キャラ名)」のフィギュア。くそー、欲しい。


ちなみにもう一人のスタンのオヤジことスタンウィンストンのスタジオを
訪れたこのスタンのオヤジのステキなスタンスタンムービーがこちら。






さてその、行けっこないんだから気にしても仕方がない
コミカゼの初日である金曜、

日本では造形王の彩色原型提出日。

基本的にはこれにて山場を越えたことになりますが
よせばいいのにまだ原型師の写真を撮るっつーので
しょーがねーなまったく、とばかりに



侠骨トレーナーを新調する。

1311048.jpg

ただのアイロンプリントすが、
作るの久々なので、せっかくだから

カタカナロゴも作ってみたり

1311049.JPG

おー、なんかいい感じ。これはなんかいい感じ。


ということで

急遽、じゃこれも、じゃこれもと切り抜き続け
ペタペタとアイロンがけ

13110410.JPG

無駄に種類を増やす。

服屋かバカか、っつー勢いで。

しかし、残念なことっつーか不思議なことっつーか
出来上がったらなんかロゴの位置がちょっと曲がってるという
驚愕の事実が判明。あれ、おかしいな。

しかも7枚全部。これは完全に謎の力が働いた。

思うにこういう怪異を、井上円了は妖怪と分類したんだな。


13110411.jpg

じゃなかったら、怪人目玉曲がりか、正中線気にしない男の仕業だ。


もしどこかでロゴズレシャツの俺を見つけても
放っておいてください。
posted by サンダーロードスタイル at 00:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。